産業廃棄物収集・運搬・処分

-industrial waste disposal-

産業廃棄物

ー収集ー

愛知県を中心に、岐阜県・神奈川県の収集運搬も行っています。廃プラスチック類の中間処分施設(破砕・圧縮・溶融)、選別加工施設、積換え保管施設などを所有し、資源の再利用に向けて努力しています。多種の廃棄物を収集・処理しています。

取扱品目

  • ビニール
  • 発泡スチロール
  • 塩ビ
  • その他プラスチック類
  • 金属
  • 紙屑
  • ガラス屑
  • 陶磁器屑
  • 木屑
  • ゴム屑
  • 繊維屑
  • コンクリート屑

産業廃棄物

ー運搬ー

棄物の種類、特性、また業務の効率を考慮した特殊車両を配置

保有設備(車両)

  • 食品リサイクル専用車両1台
  • 機密情報処理専用車両1台
  • フックロール車(8・12m3対応)2台
  • 10tトラック2台
  • 4tユニック3台
  • 4tダンプ2台
  • 4t・2t平ボディ4台
  • 塵芥車18台
  • 4t保冷車9台
食品残渣収集運搬車食品残渣収集運搬車
フックロール車フックロール車
塵芥車塵芥車
塵芥車(古紙回収用)塵芥車(古紙回収用)
大型車両(平手商店)大型車両(平手商店)
車両イメージ車両イメージ
専用駐車場専用駐車場

産業廃棄物

ー選別保管ー

選別・保管

回収された混合廃棄物を それぞれ区分された工場内で、 分別、選別し保管します

プラスチックの選別
分別、選別プラスチックの保管

中間処分

ー破砕・圧縮・溶融ー

破砕・圧縮・溶融

当社の中間処分施設にて、 廃プラスチックについては専用の機械で圧縮・破砕を行い、発泡スチロールについては溶融機にかけサイズダウンを行います。

中間処分施設
分別、選別廃プラスチックの圧縮・破砕

加工 リサイクル

プラスチック類は、自社にて、 溶解、圧縮、破砕等の加工を施し、 社会への適切な循環を促進

プラスチック類圧縮後
分別、選別スチロール溶融後

協力業者によるリサイクル

蛍光灯、乾電池のリサイクル

これまでリサイクルが困難とされてきた蛍光灯、乾電池は、全国でも最先端レベルの再生処理技術を保有するJ&T環境株式会社との協力により、安全にリサイクル処理を実現しました。

蛍光灯のリサイクル
分別、選別蛍光灯の保管
JFE環境株式会社

ご案内